Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もののけ日和4コマも終了!

今月10日に発行されました、ニュータイプエースVol.16にて
『もののけ日和 秘録妖怪大戦争』が最終回を迎えました。
約半年間という短い間でしたが、おかげさまで描き切ることが出来ました!
単行本は残念ながら出してもらえないみたいです。
まあしゃーなしということで次頑張ろうと思います。

ツイッターに寄せられました読者様方のご意見・ご感想には本当に助けられました。
応援ありがとうございました!!
何よりも力になりました!

さて、ちょっとした裏話になりますが
もののけ日和がまだ「日常系4コマ方面で行きましょう」ということくらいしか
決まっていなかった企画段階の頃、実は人間の女の子が主人公でした。

練習
「稲生タタル(いなお たたる)」という、鳥取県から上京してきた女子大生で
その子が家賃の安さ故に即決で借りたボロ借家に、猫又・河童・雪女・のっぺらぼう・ろくろ首が
住んでいたという設定。
名前はこのソーシャルゲームの元ネタでもある、映画「妖怪大戦争」のリメイク版の方に登場する
主人公の姉から拝借していました。
しかし土壇場になって(ネタ出し自体はかなり進めていたのですが)やっぱ登場人物は
妖怪だけにしようということになり、タタルはお蔵入り。
代わりにチータラこと鎌鼬が参入することになりました。

のっぺらぼう・ろくろ首は、キャラが多すぎるので削ろうってことで不採用になりましたが
この上更に、「なおちゃん」というタタルの親友まで出る予定だったのだから
どんだけキャラ出すつもりでいたのかと…(笑)。

そんなこんなで、タタルの魂はチータラに受け継がれつつ
誌上の形になりましたとさ。


次の作品の準備には既に入っておりまして
来年の春頃にはまたNA誌上でお会いできるのではないかと思いますが
まだ詳しいことが決まっていないので、わかり次第お知らせいたします。

それでは今後ともよろしくお願いいたします!






もののけ日和ショート終了。

だいぶ間が空いてしまいました。

今月の8日に出ましたニュータイプエースにて
現在連載させて頂いている、もののけ日和のショートストーリー版が
最終回を迎えました。

皆様の応援のお陰で、なんとか花魄との戦いに終止符を打てました(笑)。
ありがとうございます。

特に面白い裏話とか無いので、花魄の初期ラフでも載せとこうと思います。

カハク

かはく

カハク2

以上のような形を経て、連載時のデザインになったわけですが
心底、頭の睡蓮を二つにしたことを後悔しました(笑)。
元々カードイラスト用のキャラなので派手さを重視しなければ
ならなかったというのが大きな理由です。

当初、裏設定として特撮マニアというのを考えていましたが
結局、作中で活かされることはありませんでした。
第2稿以後、ベルトが変身ベルト風になっているのはその名残です。
ムチも仮面ライダーXのライドルよろしくバックルの側面から
引き抜く形になっています。
ショートでは省略していますが。

あとはまあ、花魄は妖怪というより妖精に近いので
羽が生えているというのは初稿から変わらずといったところでしょうか。

普段はどこかしらに収納していますが
今月号のように、必要な局面にて展開する感じですね。

無表情系ジト目というのも最初から変わらず。

という感じであの形に落ち着いたわけです。
ちなみに身長は河童よりも低い設定です。


もののけ日和も残すところあと1回。
来月掲載の4コマで連載終了の予定となっております。
もうちょっとだけお付き合い頂けると嬉しいです。
では!

映画感想:アウトレイジ ビヨンド

前作『アウトレイジ』から約2年、北野監督の作品としては初の続編らしいですね。

おっかないオジサンたちがおっかないことをする映画なわけですが
この映画の見所は何といっても出演陣の迫真の演技。
乱暴な言葉が飛び交う飛び交う。
その応酬、クセになるんですよねぇ。
それ目的で観にいったわけですから、僕は(笑)。

殴る蹴るも本当に痛そう。
しかし今回は前作と比べると、いかにも痛そうな場面は少なめ。
前作は「うわぁ」って感じのシーンが結構ありましたから。
その痛そうなことしてる+ブラックなギャグシーンも見所ですね。
周りのオジサン客たち、声出して笑ってました。

続編ということで、もちろん前作『アウトレイジ』から直接続いている
わけですが、今回は山王会だけでなく花菱会という関西のヤクザも絡み
相変わらず片岡刑事(小日向文世)は暗躍しまくりで、ほんと観ていて飽きません。
次は誰が何をするんだろうというワクワクがずっと続きます。
それゆえ、終わったときはちょっとだけ「え、ここで終わらすのか」
と思ってしまいましたが、大友(ビートたけし)のケジメがそこで
ついたと考えれば、まあそうかという感じです。

今回の見所としては個人的にはもうひとつ、高橋克典演じる城という
いかにもプロなやつが登場するのですが、一言も喋らず黙々と仲間と共に
山王会の幹部を始末していくんですね。
それが凄くカッコイイ。持ってる道具がシルバーのベレッタ(だったと思う)
ってとこからしていかにも(笑)。
ということで結構銃撃シーン(一方的ですがw)があります。

ここまで書いたことだけだと単なる乱暴な映画って感じですが
北野監督独特な静の、破滅的かつ上品な雰囲気はもちろん健在ですので
ヤクザ映画に抵抗が無いって方は観て損は無いかと。





お疲れ。

今回の仕事中に、かなり長い期間愛用していたシャーペンが壊れた。
芯が残りわずかまで使えるタイプで、重さも丁度良かったのですが
新しい芯を出そうとカチカチしていたら先っぽの円錐状になっている部分が
「ボゴッ!」と取れてしまいまして。
普通はネジネジして取り外す部分が、カチカチする際にかかる圧力の連続に
耐えられなかったのか、土台ごと下に落っこちたのです。

予備も持ってないし、深夜だから画材屋も開いてない…というか修羅場だったので
遠出する余裕もないですし、しぶしぶ最寄のコンビニに新しいやつを買いに行きました。

長いこと世話になったものを手放すというのは、シャーペンでも名残惜しいものですね。

ガオン!

恥ずかしながら、最近ようやく『ジョジョの奇妙な冒険』を読み始めたのですよ。
友人から借りて。

え、漫画描いてるくせにジョジョ読んだことなかったの!?
という旨の言葉が既読の方々から聞こえてきそうです。

そうだが?


まあ元来そんなにたくさん漫画読む方では無い上に、ジャンプ系にはとんと疎いので
大目に見てくださいな。
つーわけで4部まで読み終わりました。
ここまで読んできて、お気に入りのスタンド…味方側に絞って挙げるのなら
ハイエロファントグリーンとザ・ハンドですかね~。

1,2部も好きですよ。特に2部。

で、なまじキャラやスタンドに愛着が出てくると
フィギュアも欲しくなりますよね。まずいですね。

仕事の合間にちょこちょこ読み進めて、PS3の新作ジョジョゲームが出る頃には
読破したいと思います(笑)。

Appendix

プロフィール

オザキ

Author:オザキ
地味に漫画を描いています。
角川書店ニュータイプエース誌上にて
『もののけ日和~秘録 妖怪大戦争~』という漫画を描かせて頂いておりました。
現在次の作品を準備中。
ご意見・ご感想・お仕事のご相談などは以下のアドレスにお願いいたします↓
superarts.086ozy★gmail.com
(お手数ですが★を@に変えてお送り下さい)

トゥウィッター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。