Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozatchi.blog67.fc2.com/tb.php/9-ae5847f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

映画感想

ダークナイト・ライジング観てきました~。

クリストファー・ノーラン監督によるダークナイトシリーズの最終作
となる今作ライジングですが
「伝説が、壮絶に、終わる。」
ってキャッチコピーからしてワクワクが止らないですよね!

さて内容ですが…
面白かったです!
大まかな流れとしては、喪失からの復活というヒーローものでは
定番のプロットとなっておりますが、それゆえアツい。
ライジングってのはつまりそういうことですね。
(原題では「RISE」ですが)

もちろん、バットマンことブルース・ウェイン自身が
挫折や喪失から復活(RISE)する話ではあるのですが
今作ではそれに重なるようにして、周りのキャラクターも
失い、立ち直っていくのです。
執事のアルフレッド、ゴードン本部長、そしてゴッサムシティ。

のっけから破滅に向かっていく雰囲気はとても緊張感があり
喪失からの復活というヒーローものとしては一見定番のプロットを
ダークナイト式に盛り上げていきます。
その良い感じの緊張感はラストまで維持しており、それも相まって
ラストシーンは涙ナシには…。

一応、前作を観てないと分からない部分もありますので
ダークナイトシリーズは一本も観てないぜ!って方は予習することをお勧めしますが
一緒に観に行った、ダークナイト初見のこゆき先生は
それでも楽しめたぜ!と言っていたので、単純に映画として面白いという
ことでしょう!

とにもかくにもシリーズ最終作にふさわしい終末感と重量感のある映画でした。
この夏大本命だったので、とても満足です。

ちなみに好みの話になりますが、引きの画で絶望感、危機感を伝える手法、好きです!
今作の終末的な雰囲気にマッチしてて凄く良かった。
その辺も必見です!
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozatchi.blog67.fc2.com/tb.php/9-ae5847f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

オザキ

Author:オザキ
地味に漫画を描いています。
角川書店ニュータイプエース誌上にて
『もののけ日和~秘録 妖怪大戦争~』という漫画を描かせて頂いておりました。
現在次の作品を準備中。
ご意見・ご感想・お仕事のご相談などは以下のアドレスにお願いいたします↓
superarts.086ozy★gmail.com
(お手数ですが★を@に変えてお送り下さい)

トゥウィッター

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。